山形県の河川水位と降水量

スポンサーリンク

このページは山形県の河川のコンディションを判断するためのデータを集積したページです。主な観測点の水位状況と降水量について一か月毎のグラフを載せています。釣行前にチェックを忘れずに。

水位と降水量の観測ポイント

下の地図には、FFこみゅが水位と降水量のデータを収集している国土交通省の観測所をマッピングしました。対象の河川に影響する観測所のデータを確認して釣行計画の参考にしましょう。



上記地図のアイコンは各観測所を示しています。この場所の観測値がグラフになっていますので地図とグラフを合わせながら活用してください。

国交省水位観測所 国交省雨量観測所

主な河川の水位概況

水位概況のグラフは平水位と比較して日々の水位差を表したグラフです。平水位は厳密に定められた(固定された)水位ではありません。FFこみゅが一定期間の安定した水位(現在は8月31日)を平水位としたもので、グラフ上は0mラインで表されます。降雨による水位の変動状況(水位についてはこの下のデータを参照してください)と水位が上昇中なのか減水傾向なのかそして渇水気味なのか程度の判断が出来ると思います。

【グラフの賢い使い方】グラフの下にある凡例の河川名をクリックすると河川名がグレーアウトしグラフが表示されなくなります。混んでるグラフから目的の河川を拾い出すのに有効です。もう一度クリックすると戻ります。(注)欠測がある場合、折れ線が表示されませんので欠測日前後のデーターはマーカーにて確認してください。

各地の降水状況 (2か月データ) 上段:今月 下段:先月

降水量の変化は、河川の水位の変化に直接的に影響を及ぼします。グラフは一か月の降水量の変化を読み取ることが出来ます。月替わりの状況が分かるように2か月分のグラフを掲示しています、目的の河川近くの降水量と水位を照らし合わせることでより正確な判断が可能になるでしょう。使用しているデータは国土交通省の観測データを使用しています。

最上川流域の降水状況

最上川は福島県境の米沢市から山形市を経由して南北に流れ新庄市で大きく西に方向を変えやがて庄内地方の酒田市で日本海へと出る大河です。流路総長229kmに及ぶ流れは一つの都府県のみを流域とする河川としては日本国内最長の河川です。支流の数も格段に多いため観測点の数も非常に多くなりグラフがかなり見にくなってしまったが不要な河川を非表示にすることで目的の河川情報を取り出してください。全部で21か所の観測所データを揃えました。それぞれ観測所の位置は、上記の「観測ポイントの地図」で確認してください。

【グラフの賢い使い方】グラフの下にある凡例の河川名をクリックすると河川名がグレーアウトしグラフが表示されなくなります。混んでるグラフから目的の河川を拾い出すのに有効です。もう一度クリックすると戻ります。

荒川・赤川流域の降水状況

赤川は以東岳を源に大鳥池から流れ出し途中、梵字川を合わせて鶴岡市から酒田市を経て日本海に注ぎます。荒川は朝日連峰大朝日岳を源に小国町で南東から流れ込む支流横川を合わせると新潟県境で南から合流する玉川を合わせて新潟県村上市で日本海に注ぎます。赤川に3か所、荒川流域に4か所の観測所データを揃えました。それぞれ観測所の位置は、上記の「観測ポイントの地図」で確認してください。

月間積雪量(最深)の推移 (2か月データ) 上段:今月 下段:先月

山形県の積雪量は下のMAPに示されたアメダス観測所のデーターを使用しています。





【グラフの賢い使い方】グラフの下にある凡例の河川名をクリックすると河川名がグレーアウトしグラフが表示されなくなります。混んでるグラフから目的の河川を拾い出すのに有効です。もう一度クリックすると戻ります。

本データを利用する場合の注意事項

CHECK

水位のデーターだけで判断するのは避けましょう

Owner
Owner

川は下流域に比べて上流ほど狭く急流なのが一般的です。水位の観測所は人口の多い下流域に設置されるのがほとんどです。上流で降った雨は上流部ではすぐに増水につながりますが、下流の幅広い川が増水するまでにはちょっとだけ時間差があります。水位観測所のデータが増えていないからと言って安心して釣りに行くのは止めましょう。目的の河川の近くの降水データと合わせて活用しましょう。そして、何よりも重要なのは経験です、初めての川は水量だけでなく地形や風などもリスクを増す重要なファクターになります。安全第一での釣行をお願いします 。

FFこみゅでは、このページのコンテンツを使用したことによる如何なる損害にも苦情にも責任を負いません。ここに掲げたデータはあくまでも参考として個人の責任において活用してください。

スポンサーリンク
FFこみゅ
トップへ戻る